都内に通える自然豊かな街|誰かと一緒に共有しよう|お得なシェアハウスの不動産
婦人

誰かと一緒に共有しよう|お得なシェアハウスの不動産

都内に通える自然豊かな街

夫妻

自然豊かな街に住むなら

埼玉県日高市は、川越や狭山のもう少し奥にある静かな街です。人口が6万人程度、山の中にある田舎というイメージです。ですが、ここも都内へは通勤圏内です。静かな暮らしと都会暮らしとの両方を楽しむことができる場所といえるでしょう。ただし、埼玉の南西部ですし、電車も川越線や八高線などローカルな電車しかありませんから、ここに不動産を持つのであれば、通勤場所や通学場所までどの程度かかるのか、実際に電車や路線バス、道路の込み具合などを、現地に行ってよく確かめることが重要です。その上で日高市に不動産を持つかどうか決定するとよいでしょう。通勤場所が東京の新宿およびその際、あるいは埼玉の狭山や所沢などであれば、1時間半以内程度で行けますから、十分に通勤圏内といえます。関東に不動産を持つ場合の選択肢の一つになるのではないでしょうか。

補助金制度も整備

この日高市に不動産を持つことに人気が出てきている理由の一つは、その自然の豊かさです。ヒガンバナの名所として知られる巾着田などにはハイキングコースが整備されている他、市西部には秩父山地がひろがっており、ゴルフ場も多くあります。ゴルフ好きやハイキング好きにはたまらない場所ですね。さらに、日高市では「多世代家族同居近居促進事業補助金制度」という補助金制度を設けています。これは市内に住む親世帯と同居または近居するために子世帯が市内に住宅を持つ場合に、費用の一部を市が補助してくれる制度です。新築で50万円、中古購入で30万が基本額としてもらえます。さらに、15歳未満の子供がいれば20万円加算など、いくつか加算の仕組みがあり、新築住宅で最大100万円が補助されます。こうした制度があることからも、日高市の人気が最近高まってきているようです。